マニュアル文書の電子化|ISO14001の取得意義について|企業に必要となる様々な指標

ISO14001の取得意義について|企業に必要となる様々な指標

女性

マニュアル文書の電子化

システム

定期的に審査が入る

日本国内における数多くの企業の中には、ISOの認定・取得を検討している企業が存在するかと思います。ISOの認定・取得を受ける時には、その後のマニュアル運用についてもしっかりと考えておくことが大切です。マニュアル運用というのは、ISOの認定・取得時に取り決めた企業内におけるルールになります。そのルールは文書化され、ISO審査機関によってISOの水準を満たしているかどうかを判断されます。そして、内容に問題が無ければISOの認定・取得を受けることができるのです。しかし、認定・取得を受けることができたとしても、作成したマニュアル通りに運用できなければ意味がありません。ISOは定期的に審査が入り、その時に審査基準を満たしていなければ、せっかく認定・取得を受けたISO企画がはく奪されてしまうのです。そうならないためにも、「文書管理ソフト」の導入が必要となります。

文書管理ソフトを導入

ISO規格の運用において、最も大変なのはマニュアル文書の管理だと言われています。文書管理ソフトでは、そのマニュアル文書を電子化することで、管理を効率化することができるのです。また、文書改竄といった問題においても、文書管理ソフトであれば高水準のセキュリティシステムをもって防ぐことができます。また、関係者による文書更新(アップグレード)においても、必要な個所を検索して変更することができるため、手間が掛かりません。また、以前の状態に戻したいと考えた時、文書管理ソフトであれば履歴機能から以前の状態に戻すこともできます。このように、文書管理ソフトを導入していれば、企業内におけるISO規格の保守・運用が容易になるのです。